本文へ移動

診療案内

診療科

当院は丁寧な診療と最新技術、きめ細かな看護と誠意で信頼のある医療を目指します。

内科(総合診療科、循環器内科)

【負担の少ない循環器検査で様々な病気を見つけます】
胸部X線検査、心電図、心エコー、ホルター心電図、血管年齢検査等。
狭心症、不整脈の診断と治療には、長時間心電図(ホルター心電図)
が有効です。
【メタボリック症候群は脳血管障害や心臓血管障害の危険性が高く予防が大切です】
  • 高血圧・・・心臓血管に負担をかけます
  • 糖尿病・・・代謝障害、血管の病気を引き起こします
  • 高脂血症・・動脈硬化を促進させます

心臓機能検査

当院で最も力を注いでいるエコー検査は、心臓・血管の形や血流を分かりやすく描写し、心臓機能を定量的に測定できます。

ホルター心電計は24時間に亘り心電図を計ります。機械も小型軽量となり、患者様の負担が軽減します。心臓が気になる方は一度ご相談ください。

ABI /CAVI検査

ABI(足関節上腕血圧比)とCAVI(心臓足首血管指数)検査では、両腕・両足の血圧測定を同時に行います。結果、手足の血管の硬さや詰まりの程度等を調べる検査です。閉塞性動脈硬化症の有無を知ることが出来ます。

血管年齢検査

両腕・両足の血圧を同時に測定し、脈波及び血圧比から血管年齢や血流障害を推測します。

呼吸器検査

呼吸器検査:胸部X線検査、胸部CT、喀痰培養など上気道症状(咳、痰など)
発熱、息切れ、易疲労症状はご相談ください。

骨密度検査

骨密度検査
最も信頼のある骨密度を短時間で測定できる最新装置を準備しております。

特殊外来

脊柱・脊髄外来

竹光義治Dr(非常勤)、吉﨑真吾Dr(非常勤)が
診察をしており脊柱・脊髄専門外来を行ってます
診療日) 第2週・第3週 ・第4週の火曜日のみ 

~脊柱・脊髄専門外来 ~
●頸椎椎間板ヘルニア
●リウマチ頸椎(環軸関節脱臼など)
●頸椎症(頸椎症性脊髄症、頸椎症性神経根症)
●脊椎靭帯骨化症
●脊椎圧迫骨折
●腰椎椎間板ヘルニア
●腰部脊柱管狭窄症
●骨粗しょう症
●脊柱側わん症
●脊椎腫瘍   など

睡眠外来、禁煙外来、糖尿病外来

睡眠外来
・睡眠時無呼吸症候群
睡眠中に息が止まる睡眠時無呼吸症候群(SAS)は肥満をきっかけに発症することが多く、高血圧・脳梗塞心筋梗塞等、多くの内科的疾患を発症させます。またSASの疑いがある方は、昼間に眠くなり、仕事や勉学の効率が悪くなるだけでなく事故に繋がる可能性もあります。
専門資格を持つ技師が睡眠検査を行います。

禁煙外来
・新型コロナウィルスの感染防止の観点より現在中止としています。 

糖尿病外来
・毎週水曜日の午後、大分大学の正木孝幸Dr(非常勤)と野口貴昭Dr(非常勤) が診察しています。

*当院では、多くの科と連携して必要な検査を実施し予防と治療に努めています。

痛み(疼痛)外来

痛みでお困りの方はお気軽にご相談ください。

不整脈外来

不整脈が疑われる場合には、まず心電図検査、胸部X線検査,血液検査、ホルター心電図検査、心臓超音波検査などが実施され、これ等の結果を踏まえて診断されます。

ホルター心電図検査
小型の心電計をつけて生活し、長期的な心電図の変化をみる検査です。不整脈の回数や状態などを調べることができます。


心臓超音波検査
胸の表面から超音波を当てることによって、心臓の形態や動きを見る画像検査です。心臓に病気があるかどうかを確認できます。

高血圧外来

血圧の診断と検査
高血圧は重篤な疾患につながる可能性があります。適切な検査を行い、血圧の状態を把握しておかなければなりません。

高血圧の検査方法
高血圧の診断では、血圧測定から得られた血圧の数値をもとに判断を行います。

血圧測定方法
血圧計を使用します。

診断の基準
高血圧は血圧測定の数値に応じて3段階に分けられます。
(軽症高血圧)最高血圧140−159mmHg
       最低血圧90ー99mmHg
(中等高血圧)最高血圧160−179mmHg
       最低血圧100ー109mmHg
(高度高血圧)最高血圧180mmHg以上
       最低血圧110mmHg以上
数値が高くなるほど、生活に及ぼすリスクも大きくなります。
高度高血圧では、脳出血や心不全といった深刻な疾患を引き起こすことも珍しくありません。



リハビリテーション科(理学療法、作業療法、言語聴覚療法)

理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)などが協力し、身体機能の回復をはかります。

整形外科

月曜日から土曜日(午前)の診療となっております。

外科

外部の医療機関より医師が派遣され月曜日の午後に診療をいたします。
(消化器検査を除きます)
TOPへ戻る