医療法人社団 仁泉会 畑病院
別府市中島町14-22
0977-21-1371
介護老人保健施設 メディケア別府
別府市中島町14-6
0977-21-4333
居宅介護支援事業所 ひまわり
0977-21-2190
訪問看護ステーション ひまわり
0977-21-1715
訪問介護事業所 ひまわり
0977-21-1389
デイサービスセンター ふれあい
0977-21-7171
小規模多機能型居宅介護事業所ほほえみ
0977-22-2000
居宅介護支援事業所ほほえみ
0977-23-6667
サービス付き高齢者向け住宅ほほえみ
0977-27-5700
有料老人ホーム
アシステッドリビングみどり
0977-27-0088
リハビリテーション
HOME ≫ 看護部紹介
看護部タイム
看護部長挨拶
医療法人社団仁泉会畑病院のホームページをご覧いただきありがとうございます。
当院は、急性期病床、地域包括ケア病床、医療療養病床を有したケアミックスの病院(65床)です。地域包括ケア病床は、急性期病院から在宅への退院を目的とした患者様の転院を積極的に受入れています。法人内には老人保健施設、サービス付高齢者住宅、有料老人ホーム、訪問看護ステーション、小規模多機能型居宅介護事業所など介護施設を併設し、患者様やご家族様に安心した在宅支援を提供できる環境は整っております。

看護部は患者様の安心・安全な看護の提供、在宅への継続支援、看護師ひとり一人が組織における存在を実感できる環境作り、働きやすい職場環境の工夫に力を入れています。
今年度は委員会活動を中心に“基礎技術の確認”“他部署の相互理解”に力を入れた研修を実践しています。
中途採用者が多い当院です。昨年度より、全ての中途採用者に対して1週間程度の新人研修を行い配属部署へ送り出しています。新人研修の内容は、当院の業務内容の説明、基礎技術の確認、電子カルテの説明・実技指導等です。特に電子カルテ未経験者には、個人の習熟具合にあわせて研修期間を変化させ、電子カルテ未経験者にも丁寧に指導できる体制作りをしています。

回復期及び療養期の看護、そして在宅看護は、これから迎える超高齢化社会において重要な役割となります。これから迎える超高齢化社会へ向けて一緒に働きませんか?

医療法人社団仁泉会 畑病院
看護部長(認定看護管理者)  田代克子

ページトップへ戻る
スタッフ紹介

副看護部長 後藤 智恵美

7月から副看護部長となり、何をすべき?どう動くべき?
と模索中の日々です。
まずは医療安全管理者としての役割を充実させること。
そして、ここ最近手抜きをしていた菜園作りや洋蘭栽培を復活させ自分も充実したいと思っています。「何事も手をかければ成長する」をモットーに頑張っていきます。
趣味は、菜園作りと洋蘭栽培。

1病棟師長 小野喜美代

入退院が多い病棟の師長としてめまぐるしい日々を送っています。仕事と主婦業の両立は大変ですが、患者様の笑顔とスタッフの笑顔に救われる毎日です。
特技は涙もろさとおしゃべり 。

2病棟師長代理  脇 あけみ

外来師長  阿南 三枝子

畑病院に勤めて15年が経ちます。
「畑一番のチームワーク(自称)「明るく元気な外来」をモットーに仕事をしています。
6年前からマットピラティスインストラクターとして大分・別府でレッスン中です。

ページトップへ戻る

訪問看護ステーションひまわり師長
立川 さおり

当ステーションは、丁寧、優しさをモットーとしています。
利用者様が安心して在宅生活が送れるように看護師とリハビリスタッフと共にお手伝いを致します。
訪問看護師として働くことが大好きな仲間と頑張っています。何でもご相談ください。

介護老人保健施設メディケア別府
師  長 佐藤 里子

介護老人保健施設メディケア別府
看護主任 岸本 まゆみ

家庭生活への復帰を支援していく施設で看護職として、入所者様に接しています。
これまでの経験を活かし、利用者様お一人おひとりに寄り添える看護を提供したいと思っています。
モットーは、利用者様、職員、すべての方に対し感謝する気持ちを忘れないことです。

ページトップへ戻る
看護部の理念
患者様の生命、人権、意思を尊重し、安全で安心できる看護を提供します。
入院から在宅まで、地域の皆様に信頼される継続した看護を提供します。
【看護単位】3単位
・外来
・1病棟  一般病床(10対1)    13床
      地域包括ケア病床     30床
・2病棟  医療療養病床(20対1)  18床
      介護療養病床(6対1)   4床

【勤務形態】
 2交替制(一部変則勤務)
 日勤勤務  8:30 ~ 17:30
 夜勤勤務  17:00 ~ 9:00

【夜勤人数】
 1病棟   看護師 2人
 2病棟   看護師 1人・介護士 1人
 ※原則的に夜勤の明け及び翌日は休みとなります。
【看護方式】
 プライマリーナーシング
 チームナーシング(一部機能別看護)

【委員会活動】
 医療安全委員会、院内感染対策委員会、褥瘡対策委員会
 接遇委員会、記録委員会、環境・業務改善委員会

【年間休日】
 113日(H27年度)
【教育】
 新人看護職員教育、中堅看護職員教育、管理者教育
 院内、院外研修を中心に行っており、研修支援(参加費、旅費、日勤扱い等)も充実して
 います。
 例1:看護必要度院内研修→全ての看護職が院内においてeラーニング
    研修を受講できるシステム
 例2:院内学術集会→看護の振り返りを目的に、日々の患者様との関かわりを看護研究と
    してまとめ発表
外来
患者様が安心して思いを伝えられるような気配り、目配り、心配り、そして笑顔の対応を目標にしています。
少ないメンバーですが、チームワーク抜群!!
1病棟
急性期治療を目的の患者様とリハビリを中心に入院生活を送られる患者様とが混在した病棟です。
患者様へ寄り添う時間の捻出に苦労していますが、若いスタッフだからできるパワーで頑張っています。
患者様の笑顔、ご家族様からの労いの言葉が元気の源です。
2病棟

「温泉でお風呂!!」
急性期の治療が終了し、その後も継続的に医療ケアが必要な患者様が入院されています。
全ての患者様がベッド上での生活ですが、週2回の入浴(温泉)は一番の気分転換の機会となっています。
入浴介助は病棟スタッフの一大イベントであり、看護師とケアメイトのチームワークによって安全・安楽な入浴時間を作っています。入浴時の患者様の笑顔が私たち看護師、ケアメイトのやりがいです。

ページトップへ戻る