医療法人 仁泉会 畑病院 【医療機器導入ニュース】
導入ニュース 歩行訓練補助「ロボットスーツHAL(ハル)」導入について
歩行訓練補助 「ロボットスーツHAL」を導入致しました
下肢の運動支援のためのロボットですから、身体の負担を少なくリハビリが出来ます。
ロボットスーツHAL(ハル)リハビリ風景

ロボットスーツHAL(ハル)は、脳梗塞等で歩行能力が低下された方に“立つ”、“歩く”などの動作をサポートするためのロボットスーツです。
ロボットスーツHALは装着者の“意思”によって動きます。
体を動かそうとする際に発生する、脳から流れる信号を、皮膚表面に貼り付けられたセンサーが感知し、体を動かす補助を行うのです。
そのため、装着者は体の負担が少ない状態で、リハビリを徐々に行うことが可能です。
現在ロボットスーツHALは福祉用の自立動作支援ロボットとして日本国内の施設等で利用されています。

ロボットスーツHAL(ハル)リハビリ風景 ロボットスーツHAL(ハル)リハビリ風景 ロボットスーツHAL(ハル)リハビリ風景


ロボットスーツ(HAL)とは

 HALとは、Hybrid Assistive Limb の略で筑波大学大学院システム情報工学研究科教授兼 CYBERDYNE (株)CEOである山海嘉之氏が開発した下肢用のロボットスーツであります。

 人が筋肉を動かそうとしたとき、脳から神経信号が筋肉へ伝わります。HAL
は装着者の皮膚表面に貼付したセンサーで神経信号が皮膚表面に濡れ出たものである生体電位信号を読み取ります。この信号を基にHALが動き動作を支援します。


どのような人が対象か?
●立ち座りや歩行動作に不自由を感じる方、
  補助を感じる方
●下肢の筋力が低下している方
●下半身に障害を持っている方
対象外の人はどんな方か?
●著しい下肢の関節障害(強度な変形、炎症、脱臼など)
●心臓ペースメーカーなど能動型埋め込み医療機器を
  ご利用の方
●コントロール不良な高血圧や心不全の方
など

最後に…
当院では、歩行能力が低下している人に対して、転倒や廃用症候群の予防を目的に今後行っていきたいと考えています。
それが、歩行能力の改善や日常動作能力(ADL)の改善につながり、患者さまのモチベーションの向上に繋がっていければよいと考えています。


ページの先頭にもどる


よくある質問

質問 適応可能な身長、体重はどれくらいですか?
答え 身長は145cm~175cmが目安です。
体重は40kg~80kgが適応とされています。

質問 HAL装着まではどのような流れで行うのですか?
答え (1) 患者様に装着の同意を得てもらいます。
(2) 装着する前に電極を貼らせていただきます。
   ※この際、大腿部周辺に電極を貼りますので、ズボンはジャージがよろしいと思います。
(3) HALを装着します。
(4) 動作開始。
(5) 動作終了、HAL着脱。

実際かかる所要時間は1時間を予定しています。

質問 HAL装着の運動内容は?
答え 運動内容としては、
座位での脚の曲げ伸ばし、立ち座り、歩行訓練、バランス訓練など。


ページの先頭にもどる


脳梗塞の対処について

説明 脳梗塞とは
脳梗塞とは、脳を栄養する動脈の閉塞、または狭窄のため脳虚血を来たし、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になる事をいいます。
また、それによる諸症状も脳梗塞と呼ばれる事があります。
なかでも、症状が激烈で(片麻痺、意識障害、失語など)突然に発症したものは、他の原因によるものも含め、一般に脳卒中と呼ばれます。それに対して、緩徐に進行して認知症(脳血管性認知症)などの形をとるものもあります。
日本人の死亡原因の中でも多くを占めている高頻度な疾患である上、後遺症を残して介護が必要となることが多く福祉の面でも大きな課題を伴う疾患です。


説明 このような症状が出たらお気をつけ下さい。
◇手足に力が入らない
◇重いめまいがする
◇今までにない激しい頭痛がする
◇ろれつが回らない、言葉が一瞬でてこなくなる
◇ものが二重にみえる

上記症状は、脳梗塞の前兆として、患者2~3人に一人の割合で症状があらわれる場合があります。
これらは「一過性脳虚血性発作」と呼ばれており、小さな血栓が一時的に血管を詰まらせることで起きる症状です。
この「一過性脳虚血性発作(TIA)」が脳梗塞の前触れとして起きる確率は全体のおよそ3割以下といわれており、外部から脳梗塞のサインをはっきりと認識できるケースが、意外にも少ないのが現実です。
つまり、「脳梗塞は、前触れなく突然起きるのがむしろ普通」であることを、認識しておく必要があります。


説明 対処法

1、適度の運動
 

畑病院では、高血圧、高脂血症、糖尿病、メタボリックシンドローム、腰痛・膝痛をお持ちの方の病状の軽減、改善をするため、また、その心配がある方の疾病予防のために 「3Aクラブ」 と銘打って運動教室を行っています。
病気予防のために、普段から適度の運動を心がけましょう。

≫3Aクラブについて詳しくはコチラ


2、定期健診
 

畑病院では、皆様の健康のために定期的な健康診断をお勧めしております。
事業所の定期健診をはじめ、一般住民の方を対象とした住民健診、その他 各種健康診断を実施しています。

現在、日本人の三大死因は、癌・心臓病・脳卒中といわれていますが、いずれも原因として生活習慣病が挙げられています。
定期的に健康診断を受けることで、生活習慣の改善や病気の早期発見・早期治療に繋がる可能性がとても高くなります。

[定期健診に関するお問い合わせ] TEL.0977-21-1371
≫メールでのお問い合わせはコチラ


ページの先頭にもどる


医療法人社団 仁泉会 畑病院  別府市中島町14-22  TEL:0977-21-1371 FAX:0977-26-4103
Copyright (c) HATA HOSPITAL 2011 All Rights Reserved.